バターをペットボトルで簡単手作り!そのコツや賞味期限、保存方法は?


あなたは、バターは手作りできるって、知っていましたか?

実はわたしは、1,2年前まで、まさか手作りできるとは知りませんでした。バターがスーパーから突然姿を消した時に、作れることを知りました!

それから、今もたまにバターの手作りをしています^^

ちなみに、わたしはマーガリンは使いません。外食や買ったものに使われているのは仕方ないと思っていますが…。

わたしと同じようにバターが好きな方のために、【バターの簡単な作り方】をまとめましたので、よかったら参考にしてください。

フレッシュなバターは、買ったものとはまた違う味わいがあって、美味しいですよ!

バターを作るときに用意するもの

バターを作るときに用意するものは、3つ

あとはバターを取り出す時に使う、カッターやキッチンバサミだけです。

  • ペットボトルの容器 ・・・1本(500ml)
  • 生クリーム(動物性)・・・1パック(200ml)
  • ・・・・小さじ 1/3
  • カッターナイフキッチンバサミ

※注意すること!

生クリームを選ぶときにいくつか注意することがあります。

  • 動物性のものを選ぶ
  • 乳脂肪分が高いものを選ぶ(生乳のみの35%以上、できれば40%以上
  • 乳化剤、安定剤の入っていないもの(とっても時間がかかって面倒!!大変!!)
  • 作る直前まで冷蔵庫でしっかり冷やすこと

バターの作り方と手順

①生クリームをペットボトルに注ぎ入れる

清潔な状態のペットボトルに生クリームをすべて注ぎ入れます。

②ペットボトルを振る

このとき、一気に勢いをつけて激しく振るのがポイント。パシャパシャと液体の音がしなくなるまで、振り続けます。

③しばらく振り続ける。再び液体の音が出てくるまで。

しばらく振り続けていると、再び液体のパチャパチャという音が出てきます。固形物と水分の分離が始まった証拠。

そこからまた、しばらく振り続けると、完全に固形物と水分が分離されます。

そこまでいけばOK。

④バターミルク(白い液体)を取り出す

完全に分離が完了したときに、白い液体が出ています。

これが ❝バターミルク❞ です。バターミルクだけどをペットボトルから取り出します。

バターミルクは飲んでもOK! 料理やお菓子にも使うことが出来ますよ。

※このとき出来上がる ❝バターミルク❞ は、海外で主流の発酵バターからとれる ❝バターミルク❞ とは、大分味わいが違います

⑤ペットボトルからバターを取り出す

キッチンバサミやカッターナイフを使って、ペットボトルを切り、中からバターを取り出します。

このとき、ペットボトルの切り口で手などを切らないように、気をつけてくださいね!

⑥塩を加えて、練り合わせる

取り出したバターを、ヘラなどで押しつぶすようにしながら水分を取り除きます。

そのあとに(小さじ1/3)を加えます。

なめらかになるまでしっかり練り合わせてください。

完成!

手作りバターの保存方法や賞味期限は?

賞味期限

手作りバターの賞味期限は長くて2日くらい

できれば、その日のうちに使いきってしまうことをおすすめします。

冷凍保存

冷凍保存は、約半年くらいは保存可能です。

このとき、大さじ1くらいの量で、小分けにして冷凍保存することをおすすめします。

調理のたびに、ひとつずつ使うことが出来て、便利ですよ^^

まとめ

バターの作り方、とっても簡単ですよね?!

バターは、生乳から作る加工品の中でも、一番最後。生乳が不足すれば、必然的にバターも少なくなっていき、最悪の場合は、生産されないことも。

過去に何度かあったバター不足の原因のひとつです。

でも、バターの作り方を知っていれば安心!いつでも、自分で作ることができますよね。

フレッシュでおいしいバターを一度作ってみませんか?

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

※おすすめ記事:
『アロマオイルでハンドソープを手作り♪抗菌・殺菌作用の最強ブレンド!』

『ニセアカシアで花の香りのお酒をつくる♪はちみつ漬けのレシピもご紹介!』

『生乾き対策!洗濯物の嫌な臭いや原因を防ぐアロマ柔軟剤や消臭スプレーの作り方♪』

『脱臭剤を簡単手作り!冷蔵庫も靴も珈琲の消臭力で解決♪』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク