地に足がついた人の生活や生き方とは?心の平安を得て、現実的に生きる方法

時代の変化の速度がはやく感じる今日このごろ。

これからAIが出てきて、8割近い職業がなくなるとか、年金問題とか、老後の資金は2,000万円以上必要とか…。

将来について不安を感じている人は、わたしだけじゃないはずです。

10代、20代などの若い方は、これからの自分の人生や将来、職業について考え、悩んでいる方も多いと思います。

こんな不安定な時代だからこそ、『地に足をつけた生活(生き方)』ってどんな生活なんだろう?って思いますよね。

不安定な時代を生き抜くためには、生きる基礎力と知恵が必要になるのではないでしょうか。

いろんな方のお話や書籍などから、わたしなりに考えた『地に足をつけた生活(生き方)』についてまとめました。

基本的なことが多いかも知れませんが、あなたの生活やこれからの生き方に少しでも役立つものが見つかればうれしいです^^

規則正しい生活

太陽が昇る前に起きて、太陽の光を浴びて、

太陽が沈むころには、ゆっくり過ごして、寝る。

とまではいかなくても、ある程度、規則正しいリズムで、日々を過ごすことが大切です。

そして衣食住、基本を大切にする。

実にあたり前のことなのですが、とっても大切。

なぜなら、心と身体を整えることにつながるから。

この基本的なリズムが崩れると、ストレス過多の時代、自律神経が乱れて、うつ病や自律神経失調症など、病気になるリスクが高まるばかり。

そうなると、健全な判断もできなくなっていきます。

スピリチュアル的な観点からは、❝グラウンディング❞ が弱くなっていきます。

❝グラウンディング❞ とは、重心を下げて、心も身体も魂も足を地にしっかりとつけた状態に整えることで、心も身体も安定していきます。

しっかり❝グラウンディング❞ させるということは、生きる力、生存していく力を養うこと。

心の病などは、グラウンディングが弱い人がなりやすいともいわれています。
(しかも、現代人は、わたしも含めて、グラウンディングが弱い傾向にあります)

日々、仕事でパソコンを使用している人も多いと思います。

通勤途中や隙間時間では、いつもスマホを見ている。

現代は、情報過多で頭や目を酷使しています。

常に頭でなにかを考えているような状態。

意識が頭など、上の方にいつも集中している。

このような状態は、交感神経優位の状態です。

現代はこのような緊張状態の時間が圧倒的に長い。

ちなみにリラックスしているときというのは、副交感神経が優位の状態です。

この交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなったり、バランスが崩れると、自律神経が乱れて病気になります。

このように現代は意識しないと、交感神経優位の状態がとても長くて、無理をしてしまうと、自律神経のバランスが崩れて病気になるリスクも高まるばかり。

まずは、規則正しい生活を心がける。

心も身体も休める時間をとって、バランスを大切にしていきましょう♪

瞑想をする

❝瞑想する❞ といわれても、普段やったことのない人は、

いったいどうやるの?

って思うと思います。

ヨガをやっている方なら、あたり前の習慣ですね^^

瞑想は、そんなに難しいことではありません。

つぎのような手順で静かに自分との時間をつくってみてください^^

  1. ひとり静かな時間、場所をつくる
  2. ゆったりと座ってください
    座禅を組むでもよいです
    本当に寝てしまわなければ、横になった状態でもOK
  3. 目をつぶって、内側へ意識を向ける
  4. 呼吸はゆったりと
  5. 3分でも5分でも、それ以上でも。
    日々の習慣にするとベストです

3分でも、10分でも、20分でも好きなだけやってみてください。

瞑想をするタイミングは、夜寝る前や、朝起きたときなどもおすすめです。

照明は落として、少し薄暗い方が精神も落ち着くと思います。

瞑想の一番の目的は、心のお掃除をすること。

雑念を取り払うこと。

身体やお肌や外見など、目に見えるものにはいろいろと気にかけて、メンテナンスしているけれど、❝心❞ については、とくに何もやっていない方が多いのではないでしょうか?

ほうっておけば、いつも頭の中は情報であふれている。

やらなければならないことで頭がいっぱい。

いつも追いまくられているような感じ…。

現代は忙しい毎日ですから、自分で意識して、❝心のお掃除❞ をしていきましょう。

頭の中も少しでもすっきりとさせていく。

心の健康度を上げていくことは、病気のリスクを回避して、健全な眼と選択眼を養うことにつながっていきます。

瞑想は、さまざまなやり方があって、書籍などもたくさんでています。

それらを参考にして、自分のよりよい瞑想の方法を見つけるのもよいと思います。

自分を知る

若い方はとくにですが、『自分を知る』 ということは本当に大切。

その時に、常識とか、親の価値観とかに振り回されない、ほんとうの自分を知ること。

『自分を知る』 ことができていないと、仕事を選ぶことも、結婚相手を選ぶことも、心地よい人間関係を育むことも難しくなるからです。

もちろん、『自分を知る』ことがちゃんとできていなくても、外側にある一般的な常識や親の価値観や考えに影響を受けたままでも、仕事も結婚も人間関係もつくることはできます。

でも、後々、違和感がでてきたり、

❝こんな人生のはずじゃなかったのに!❞

などとなりがち。

本音で人生を選ぶには、『自分を知る』 ことは、はじめの第一歩。

わたしは、30代前半くらいまで、他人に合わせて生きてきたので、途中でこのことに気づき、軌道修正するのがとても大変でした。

世間一般の考えや常識、親の価値観などのまま人生を歩むことはできます。

でも、できれば本音の人生、ほんとうの自分を活かして生きていったほうが、だんぜん人生の満足度はあがっていきます。

死ぬときの後悔も少ないはず。

『自分を知る』ということをしてから、仕事選びや人生の方向性等を決めていけば、迷いも少なくなり、一貫性もでてきます。

(たとえ、方向性などが変わっても、自分軸で物事の判断をしているので、ブレなくなってきますし、自分自身で納得できると思います)

すると、足を地につけて、しっかり一歩一歩、人生を歩んでいくことができるようになります。

仕事をする

『仕事をする』とは、わたしは3つの大切なことを行うことだと思っています。

その3つの大切なこととは、

  1. 収入を得ること
  2. 社会とのつながりをつくること
  3. 役割を果たすこと

仕事をして収入を得ることは、お金を得ること。

現実的に生きていくためには、お金が必要です。

そのため、多くの人は仕事をしてお金を得て生きています。

お金を得て、衣食住を整えて生活できるということは、基本であり、足を地につけて生活する第一歩。

そして、仕事は社会とのつながりをつくってくれます。

人はひとりで生きていくのは難しいもの。

一見、フリーでひとりで気楽に生きているような仕事の人でも、社会との関りがあって仕事が成り立ち、収入を得ているはずです。

インターネットを介して仕事をしていてもそれは同じ。

社会とのつながりがあってこそ、仕事が成り立つ。

そこに、人それぞれの役割があって、

その役割が好きでも、今は好きじゃなくても、実はとても大切なもの。

なぜなら、人は役割を失うと生きる目的や方向性を失うからです。

そうすると、心の平安や、生きがいや張り合いみたいなものがなくなってしまう場合がほとんど。

よく現役時代に血気盛んに活躍していた男性が、定年退職したとたん、すっかり生気を失い、小さくションボリ見えるのもそのような要因が含まれています。

この場合は、新たな役割を見つけて、つくり出せばよいのです。

ちなみに、直接的にお金を得ていない、今は専業主婦(夫)で子育て中のお母さん(お父さん)も同じです。

社会とのつながりを持ちながら、役割を果たしている。

お子さんがいない方は、家事という仕事はしていますが、何らかの形で社会とのつながりをつくればいい。

習い事でも、ボランティアでも。

仕事はわたしたちに役割を与えてくれて、生きる目的や生きがい、張り合いみたいなものを与えてくれます。

もし、その役割が気に入らないのであれば、チェンジすればいい。

そのためには、自分の心に

『本当はどうしたいの?』

と問いかけて、

必要な努力をして、役割を変えていくことが大切。

人生は意外に短いので、本音の人生を歩んだ方がいい。

役割がある、仕事があるということは、お金を得ることのみならず、社会とのかかわりや生きがいをも生みだす、足を地につけて生活するのに欠かせない要素になります。

貯金をする

仕事などで得たお金は貯金をするとよいです。

貯金がない、もしくは、とても少ないというのはとても心もとないもの。

貯金が趣味のように、鬼のように節約・貯金に走る必要はありませんが…。
(でも、もしそのようにやりたいのであれば、やればよいことです^^)

貯金があると心に余裕が生まれます。

もし、急な病気やリストラで仕事を失っても、次の仕事までのつなぎになります。

落ち着いて、仕事を探せます。

人生を見つめなおすことができる。

貯金があってお金があるとうことは、選択肢を増やすこともできます。

たとえば、もしなにかやりたいことがあって、新たに勉強したい、資格を取得したいと思ったときにも、躊躇なくお金を支払い、自己投資に充てることができる。

『貯金がある=お金がある』ということは、

心の平安を保ち、自分の可能性や人生の選択肢を広げてくれることになるのです。

専門性をつくる

あれもこれもやりたいことがあれば、どれもこれも手を出してしまいがちだと思いますが、

できれば今年はこれを重点的に!といった具合に、ひとつにしぼってやっていかないと、それなりのモノになりません。

身に付きません。

キングコングの西野亮廣さんが、以前講演会でおっしゃっていたのは、

3つの専門性(得意分野)をつくるということ。

それぞれ1万時間を費やす。

1万時間とは、毎日、1日5時間費やすとすれば、およそ6年弱の歳月が必要になってきます。

それを3つって!(なかなかに大変ですが…)

20代の方ならまだまだ十分に間に合います。

30代の方も、2つくらいさらに新しい分野で専門性を磨くことはできるでしょう。

でも、40代以上の方は、今まで経験したこと、培ってきたものの中から3つをさらに磨きながら、専門性を上げていくのがよいのではないでしょうか。

もちろん、すでに3つの専門性がある方は、そのまま磨き続ければいい。

さらに4つめをつくってもいい。

ひとつの分野で専門性が高い方は、世の中には上には上がいて、
ごまんといるので、太刀打ちできません。

でも、3つの得意分野をつくって、その3つをかけ合わせれば、個性がでてくる。

よく芸能人の方はこの手法で仕事を開拓されていますね。

3つの専門性はそれぞれ遠い分野を選ぶと、より個性が際立ち、オリジナル性が出てきます。

キングコングの西野さんでいえば、この3つ。

  1. 芸人として
  2. 絵本作家
  3. ビジネスコンサルタント
    (マーケティング関係のお仕事やビジネス関係書籍の執筆のなど含め)

この3つなら、なかなかかぶる人はいませんよね?!

一般のわたしたちもそのような意識をもって、日々、仕事や趣味に取り組むと、新たな道や仕事をつくることにつながります。

専門性と自信をつけて、可能性が広がれば、生き方の選択肢も増えていく。

もし、予期せぬ事態がおきても、しなやかに落ち着いて対応する力を養えます。

ひいてはそれが、足を地につけた生活や生き方を営む力になっていくのです。

足が地につく生き方おすすめ本

最後に、足を地につけて生きるのにおすすめの本をご紹介します。

とても偏りがありますが、なにかの参考になれば幸いです^^

『新しい時代のお金の教科書』山口揚平 著

お金を軸に、これからの生き方、働き方、考え方など、時代の流れも読み解きながら、人生全体を捉えなおすことができます。

足を地につけて生きていくためには、時代の流れも把握しておかないと、長期展望で人生を組み立てていくことが難しくなります。

選択もあやまってしまったり、遠回りしてしまう可能性も。

もちろん、『絶対こうなる』ということはありませんが、ある程度の予測は立てることができるのではないでしょうか。

生き方を考える、学ぶことができる本です。

『お金2.0』佐藤航陽 著

現実世界では、お金は足を地につけて生きていくために、切っても切り離せないもの。

お金は目的ではありませんが、大事なツールです。

お金を学び、経済を学び、人生のあり方を学ぶことができる本です。

『7つのチャクラ』キャロライン・メイス 著


スピリチュアルが好きな方へ。

この本では、チャクラの意味、人生の意味、人生の課題を克服することや魂とは、生きる目的とはなどを知ることができます。

人生を深くとらえながら、俯瞰して眺める力を養うことができます。

霊的に生きる、霊性を高める、グラウンディングを強くする。

物質や目に見えるものだけに翻弄される生き方から、本質的に生きる生き方へと導いてくれます。

『ききがたりときをためる暮らし』つばた英子 著

映画『人生フルーツ』の津端ご夫妻の暮らしの記録。

人生とは、日々の暮らしの営みの集合体。

足を地につけて生きるとは、暮らしを整えること。

衣食住を整えること。

津端ご夫妻の暮らしぶりは、本当に大切なものに気づかせてくれます。

生活を整えることは、グラウンディング力=足を地につける力を強くすることができます。

※よかったら、こちらの記事も参考にしてください♪
『人生フルーツの暮らしや生き方に感激!映画や本の感想まとめ』

『いのちをむすぶ』佐藤初女 著

わたしたちは、日々食べたもので身体がつくられて、生きています。

心が苦しみでいっぱいになると食べることができなくなります。

食をおろそかにする人は、すべての命に鈍感になっていく。

生活も乱れて、心も弱くなっていく。

足を地につける生き方とは、食を整えること。

心の健康度も上がり、身体も丈夫になります。

心が病んでしまったり、健康を害すると、足を地につけて生きることが難しくなります。

まとめ

地に足がついた人になるためには?

しっかり足を地につけて生活する、そういう生き方をするために大切なことについて書きました。

大切なことはつぎのとおり。

  • 規則正しい生活
  • 瞑想をする
  • 自分を知る
  • 仕事をする
  • 貯金をする
  • 専門性をつくる

あなたはなにが大切だと考えますか?

不安定な時代を生き抜くためには、足を地につけて生きるためには、ブレない軸しなやかに変化に対応する力が必要なのかも知れませんね。

そして、心身を整えること

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

※おすすめ関連記事
『【地に足をつける】の意味とは?言葉の使い方とその生き方について』

『樹木希林さん虚飾ない言葉と人生観、本質を見つめる生き方がすごい!』

『心の疲れを取る方法!アロマの香りで心を癒してストレスをやわらげる♪』

『グレイテストショーマンの歌詞から人生の本質をとらえる』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク