【心の不安を取り除く方法】悩みを抜け出しアロマの香りで落ち込みや不眠も解消♪

生きていると、つぎからつぎへと、さまざまな悩み不安がでてきますよね。

年齢をかさねるほど、その不安も、より深刻で重いものに…。

わたしも40代になって、若い時に感じていた不安よりも、重みが増している実感が…。

でも、『不安』って、取り除くことができるんですよ!

今回は心の不安を取り除く方法をご紹介します。

あなたの不安が少しでも解消されたらうれしいです^^

不安の正体を知る

漠然とした不安、具体的な不安、さまざまなものが入り乱れて、『不安』頭の中で大きく増幅していきます。

そのいろんな要因の不安は、混ざり合って、関係のないものまでお互いにつなげてしまい、すべてが解決しないかのようなさらなる不安や絶望へ…。

でも、頭のなかで抱えている不安は、妄想に近いものが多いのかもしれません。

将来への不安は、もはや妄想のようなもので、

ネガティブな想像力の豊さと言ってもよいのではないでしょうか?

まずは、この『不安』の正体を知ることから始めなければなりません。

いったい自分は何で悩んでいるのか?

どこかで聞いたことのあるやり方かも知れませんが、頭のなかでモヤモヤと悩んでいることや

不安は、やはり、いったん紙に書き出してみることが一番です。

不安を紙に書き出す

頭の中で悩んだり考えていると、『不安』はどんどん大きくなっていきます。

そして、ずっと頭の中でグルグルとまわるように、同じ悩みや不安を、一日に何万回も考えることに。

でも、それでは何も解決には向かいません

むしろ、ネガティブになる一方。

とくに女性は思考が飛びがちで、分散してしまう傾向が。

男性にくらべて、目標や問題などにむけて、順序だてて達成するための行動などが苦手です。

この特性は、家事や育児ではとっても活かされるのですが…。

いろんなところに気を配りながら、子どもに注意を払いながら、同時に家事をこなしていく。

素晴らしい能力ですよね?!

でも、この女性特有の思考が不安や悩みと重なると、本当に混乱状態に。

頭のなかで混乱している不安や悩みは、ひとつひとつ丁寧にひも解いてあげましょう^^

そのときにおすすめするのが、悩みや不安の数々を紙に書き出していく方法です。

書き出し方は自由ですが、細かくひととおり、箇条書きでOKですので書き出してみましょう。

わたしも、すぐに頭の中が混乱するタイプなので、専用のノートに書き出しています。

(わたしの場合は、不安以外にも書き出していますが…)

紙に書き出した不安や悩みは、大まかに分類にわけていきましょう。

仕事の不安、家族の不安、健康の不安、人生の不安、将来の不安、人間関係の不安、お金の不安などなど…。

つぎに、同じ内容のものはないか確認してみましょう。

カテゴリーは違うけど、同じ内容のものはありませんか?

たとえば、仕事の不安にある悩みは、お金の不安や将来の不安の中にもありませんか?

自分や家族の仕事の雇用の不安が、人生全体の悩みになり、お金や将来の不安へ…。

この場合、不安としてはひとつです。

でも、解決策を考える上では、さまざまな解決策があります。

新しい仕事を見つける方法、自分でも稼ぐ方法、お金を増やす方法、新たなスキルを身につけるなどなど。

そのほか、健康の不安のなかにある悩みは、家族の不安や人生の不安の中にもありませんか?

など、不安や悩みを紙に書き出して、整理してみると、意外にそんなに種類がないことに気がつきます。

不安の正体を知るために、紙に書き出す手順をまとめると、つぎの3ステップになります。

  1. 頭のなかの不安や悩みをすべて紙に書き出す。
  2. 書き出した不安や悩みを、分類わけする。
    (ex.仕事、家族、人生、お金、健康、人間関係、恋愛など…)
  3. 違う分類の中に、同じ不安や悩みがないかチェックする。

できることから行動していく

自分が動けば解決する不安や悩みは、どんどん行動していきましょう。

行動しない限りは、なにも解決していきません。

小さなことから、できることから。

なかには、自分ではどうしようもない不安や悩みもあるかもしれません。

そのようなものは、あとまわし。

もしくは、そのような不安や悩みであっても、

ちょっと角度を変えて、自分で解決できる道はないか?

少しでも不安を取り除ける方法はないか?を考えて、

できることから行動してみましょう。

自信がないときの不安の悩みは?

自信がなくて『不安』という場合もあるかも知れません…。

自信がなくて不安の場合は、そのまま放置し続けると、状況が悪化していくことも…。

そのようなときは、さらなる不安の拡大と焦りが…。

自信というのは行動していかないとつかないものなので、行動するしかありません。

行動して、自信がつくまでやる

シンプルなのですが、これが解決への近道です。

思考も訓練次第

『不安』に取りつかれて、悩む傾向にある人は、どうしてもネガティブ思考です。

でも、ネガティブ思考がまったく悪いわけではありません。

ネガティブな思考も、危険を回避するために必要なものでもあるからです。

ただ、どうしてもネガティブに物事を考えてしまいがち、不安ばかりが頭に浮かび、押しつぶされそうになったり、落ち込みがちな人は、考え方を変えていく必要があると思います。

わたしも、20代くらいまでは、本当に信じられないくらい、恐ろしく ❝ネガティブ❞ でした。

つねにネガティブな側面ばかりに目がいく。

罪悪感たっぷりで、自信なんて微塵もなくて、自尊心も著しく低いような状態でした。

自分が大嫌いで、自分にはまったく価値がないとも思っていました。

頭のなかでは、ずっと自分のダメ出しをしているような状態。

違和感と生き辛さで本当に大変でした…。

わたしの場合は、両親の性格や思考によるものが大きいと思っていますが、

同じようにネガティブな思考の人も訓練次第で変えていけます

わたしは、30代もそこそこネガティブでしたが、意識して思考を変えて、行動もしていきましたので、だんだんと変わっていきました。

今は、自分を責めるようなことはまったくありません。

自尊心もあります。

不安もそれほどいだきません。

長年の思考のクセは、なかなか簡単に変えられることではないと思います。

でも、ちょっと意識して、気づいたときには、物ごとの明るい方を見るクセをつけていきましょう^^

すこしづつでも、積み重ねていけば、本当に変わっていきます。

アロマオイルの香りで不安を取り除く

アロマテラピー、聞いたことがある人もたくさんいるのではないでしょうか?

言葉は知っているけど、どんなことをするのかわからない人もいるでしょう。

アロマテラピーで使うのは、植物の香りや成分がギュッとつまった恵みの液体、アロマオイル。

正確には【精油・エッセンシャルオイル】といいますが、こちらを使って心身を整え、

癒していく自然療法(芳香療法)のことです。

アロマテラピーでは、【精油・エッセンシャルオイル】をつかって、つぎの3つのルートから心身へ働きかけていきます。

  1. 香り成分が、鼻⇒脳⇒神経⇒心へ
  2. 蒸気とともに、鼻・口⇒肺⇒血液へ
  3. マッサージなどで、皮膚⇒血液・リンパへ

心への作用が一番強いのが1番目のルート。

もちろん、2番目、3番目のルートも、同時に香りをかぐことになりますので、同じように心への作用もあります。

【精油・エッセンシャルオイル】は、種類によって心への作用もちがってきます。

『不安』なときにおすすめの【精油・エッセンシャルオイル】5つのパターンでご紹介させていただきます♪

①焦りや落ち着きがなく、不安なとき

不安で焦っているときや落ち着きがなくなっているときは、神経も緊張状態になっています。

この緊張状態をゆるめてあげる必要があります。

そのような心身固まっているよなときにおすすめの精油です。

《おすすめの精油・エッセンシャルオイル》

  • ラベンダー
  • シダーウッド
  • フランキンセンス

②不安でくよくよ思い悩むとき

不安や心配でくよくよ思い悩むときは、気分も落ち込みがちだと思います。

沈んだ気持ちをニュートラルに。

急に元気になるのは無理でも、心を中心に、落ち着かせてあげましょう^^

《おすすめの精油・エッセンシャルオイル》

  • ベルガモット
  • イランイラン
  • ゼラニウム

③不安で眠れないとき

不安で眠れないときは、頭のなかも身体も緊張状態。

もっと心を落ち着かせてあげて、身体もゆるめてあげる必要があります。

安眠効果のある優しい香りを3つ^^

《おすすめの精油・エッセンシャルオイル》

  • マージョラム
  • カモミール・ローマン
  • クラリセージ

ここまでご紹介させていただいた香り、【精油・エッセンシャルオイル】は、アロマデュフューザーで部屋に拡散させたり、ティッシュやハンカチに1~2滴たらして香りをかいでみてください。

【精油・エッセンシャルオイル】は、効果も大切ですが、なによりも好きな香りで。

夜、寝る前におこなうのもおすすめです。

ティッシュやハンカチにたらした香りは、枕元に置いて寝るのもいいですよ^^

④心をゆるめてリラックスしたいとき

不安や悩みをいったん忘れて、心も身体もリラックスさせましょう。

リラックスしたいときは、アロマバスがおすすめです!

天然のお塩(粗塩等)に【精油・エッセンシャルオイル】をまぜて湯船に入れて、ゆったり浸かってみてください。

癒されますよ~♪

《アロマバスのつくりかた:おすすめの精油・エッセンシャルオイル》

用意するもの

  • 天然のお塩 40g
  • ゼラニウム 2滴
  • ラベンダー 2滴
  • オレンジ  1滴
  • 小さな容器(ガラスボウルなど)

用意した小さな容器に、天然のお塩を40g入れます。

精油をそれぞれの敵数真ん中に入れていきます。

精油を入れるつど、軽くかき混ぜてくださいね。

お風呂の中に入れる前に、もう一度お塩をかき混ぜてください。

2回くらいにわけてお湯の中へ入れましょう。

湯船に入る前に、1回。

入ってから、1回。

わけて入れることにより、香りを楽しむことができます^^

入れるたびに、お湯をかき混ぜてくださいね。

肌の弱い人は、1回に使用する量は、20gぐらいまでがよいです。

作ったアロマバスは、湿気が入らないような密閉容器に入れて、1週間程度保存も可能です。

⑤気持ちを切り替えたいとき

不安や悩みでうつうつとしているとき、

もやもやとして心が晴れないとき、

アロマの香りのエアーフレッシュナーで気分を切り替えることをおすすめします^^

自分のまわりなど、空間にシュっと吹きかけて、さわやかで前向きになるような香りが広がれば、気持ちもリフレッシュされて、切り替えることができます。

気もちを切り替えるって、とっても大切ですよ。

フォーカスするところを変えていけば、現実の流れもかわっていきます。

意識して気分を変えることもやってみてくださいね^^

《エアーフレッシュナーのつくりかた:おすすめの精油・エッセンシャルオイル》

用意するもの

  • ユーカリ 5滴
  • レモン  5滴
  • ラベンダー 5滴
  • ローズマリー 5滴
  • 無水エタノール30ml
  • 精製水 20ml
  • 50ml 空容器(ガラス製のスプレーボトルがおすすめです)

手順

  1. 精製水を20ml、容器(スプレーボトル)へ入れます
  2. 無水エタノール30mlを容器に入れます
  3. おすすめの精油・エッセンシャルオイルをそれぞれ5滴ずつ入れていきます

使用するときはボトルをよく振ってから使ってくださいね^^

深呼吸をする

わたしをふくめ、現代の人は呼吸が浅い人が多いそうです。

ましてや、不安や悩みに駆られている人は、絶対に呼吸が浅いはず。

不安で緊張状態の人は、ときどき、無意識に呼吸が止まっているのではないでしょうか?

好きな【精油・エッセンシャルオイル】の香りをかぎながら、深い呼吸をしてみましょう。

深い呼吸は気持ちも安定させてくれます。

息を吐くときは、ゆっくりと。

そわそわしていた心も、ストンと落ち着いてきますよ^^

まとめ

不安を取り除く方法をいくつかご紹介させていただきました。

わたしも意識してやっている行動です。

どうしても頭の中で考えていると、ごちゃごちゃしてしまいます。

しかもまったく解決に向かいません。

シンプルに紙に書き出すのが一番!

精油・エッセンシャルオイルの力も取り入れて、香りでも心身を癒してあげてくださいね♪

あなたの不安や悩みが、少しでも解消されますように。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

※おすすめ関連記事:
『アロマオイルとは?正しい精油・エッセンシャルオイルの選び方や基準について』

『心の疲れを取る方法!アロマの香りで心を癒してストレスをやわらげる♪』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク