しそジュース簡単手作りレシピ♪アレンジやおいしい飲み方もご紹介!

毎年、6月になるとスーパーに和ハーブの【赤しそ】がならびますよね。

あなたは、赤しそジュース飲みますか?

わたしは大好きで、毎年 ❝赤しそシロップ❞ をつくって、❝赤しそジュース❞にして飲んでいます。

とっても簡単で、おいしくて、健康・美容にもとても良いのですよ!

なんといってもあの赤い色は、健康・美容のもと

アレンジもいろいろあって、楽しめます♪

簡単なつくり方から、アレンジやおいしく飲む方法もご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね^^

赤しそジュースのもと、❝赤しそシロップ❞ レシピ♪

ポリフェノールという植物に存在する色素の中でも代表的な ❝アントシアニン色素❞ を多く含む【赤しそ】

あの赤い色は、健康・美容のもとです!

毎年6月ころになると、スーパーに並ぶ【赤しそ】ですが、大体楽しめるのは8月くらいまで

暑くなってきて、体力も消耗し、夏バテなんていうときにも、この赤しそパワーは大活躍してくれます^^

疲労回復効果にも優れていて、美肌効果も高い。

抗酸化作用も強く、美白・アンチエイジング効果もあるんですよ!

そんな魅力的な赤い葉っぱ、和ハーブの代表のような【赤しそ】 を使ったシロップのつくり方をご紹介します。

この ❝赤しそシロップ❞ があれば、赤しそジュースはもちろん、さまざまにアレンジして楽しめますので、ぜひ作ってみてくださいね♪

《赤しそシロップ レシピ》

  • 赤しそ(生の葉)300g
  • 青じそ(生の葉)10枚くらい
    (なくてもOK)
  • クエン酸 25g
  • 砂糖  700g~1㎏
    (お好みで調節)
  • 水   1リットル

青しそは無くても、大丈夫です!

青しそを入れた方が風味が出て、発色も色あざやかになりますので、用意できるのであれば
入れてくださいね^^

❝赤しそシロップ❞ つくり方手順

それでは、❝赤しそシロップ❞ のつくり方手順について、ご紹介します^^

赤しそ(あれば、青しそも)をキレイに洗います

赤しそは枝付きで売られていますので、枝から丁寧にとって、キレイに洗ってください。

保存用の瓶は、事前に煮沸して滅菌しておく

大き目お鍋でお水2リットルでお湯をわかす

沸騰したら、赤しそ(青しそも)をお鍋に入れる

赤しそを一気に入れられない時は、菜箸でおさえながら少しずつ入れていけば大丈夫です^^

ふたたび沸騰したら、弱火にして約10分ほど煮る

火を止めて、クエン酸25gを入れる

クエン酸を入れると、一瞬でこんなに色鮮やかな赤色になります!

よくかき混ぜて溶けたら、煮汁を漉して、お鍋に戻す

赤しそを漉すときは、最後の1滴までしっかり搾り取るようにとってくださいね!

中火にかけて、砂糖を加えながらよくかき混ぜる

わたしは、ミネラル豊富な きび砂糖(750g)を入れました!

白砂糖の方が発色が綺麗で、甘みはすっきりした感じになります。

お砂糖の種類や量は、お好みです。

きび砂糖(750g)は、わりとしっかり甘く仕上がります。

あなたの好きな甘さをみつけてくださいね^^

アクを取り除きながら、一煮立ちしたところで、火を止める

保存用の蓋つきの瓶に入れて、冷蔵庫で保存する

できあがり♪

できあがった ❝赤しそシロップ❞ を赤しそジュースとして飲むときは、5倍くらいのお水で薄めて飲んでください。

ちなみに、わたしは、濃くて甘い方が好きなので、3倍くらいのお水で薄めて、氷を入れて飲むことが多いです^^

❝赤しそシロップ❞ 保存方法・保存期間

❝赤しそシロップ❞ の保存方法と保存期間について。

《保存方法》
 蓋つきの瓶にいれて、冷蔵庫で保存

《保存期間》
 約6ヶ月可能

最長で約6ヶ月の保存が可能です。

長期で保存を考えている方は、砂糖の量を多めにしておくと安心です。

わたしのように、750g入れておけば大丈夫です。

もちろん、それより多くても大丈夫です。

長期保存をお考えの方は、保存用の瓶は、食品用のアルコールをスプレーで吹きかけて消毒をすることをおすすめします。

ちなみに我が家(2人)では、いつも約2リットルのシロップを、約2か月くらいで消費してしまいます!

❝赤しそシロップ❞ アレンジとおいしい飲み方♪

①赤しそジュースで飲む

定番の赤しそジュース!

シロップ1:お水5 が理想的な割合ですが、

自由に、お好みで割合を変えてみてくださいね!

②ソーダで割って飲む

ソーダで割って飲むときも、

シロップ1:ソーダ5

からはじめてみてください。

やはりこちらもお好みです♪

レモン汁を少し入れるのもおすすめ!

すっきりさわやかな酸味がおいしいですよ^^

③白ワインを入れて飲む

白ワインを入れる時は辛口のワインがおすすめ。

シロップ2:白ワイン2:お水1

の割合がおすすめです。

わたしはこの飲み方が結構好きで、夕飯の時などによく飲みます♪

こちらもお好みですので、あなたの好きな割合を見つけてくださいね!

④プレーンヨーグルトにかける

シロップとして、そのままプレーンヨーグルトにかけてください。

とってもヘルシーで、ちょっとしたデザート感覚です♪

⑤かき氷にかける

こちらもシロップとして!

まるで、いちごシロップのように色あざやかですが、はるかに健康的です。

⑥ゼリーにしてデザートに♪

寒天やゼリーの素を使って、ゼリーにして食べることもできます^^

綺麗なルビー色の透明なゼリー(寒天)になります。

⑦豆乳+ヨーグルトで割る

豆乳とプレーンヨーグルトで割って、ヨーグルトドリンクのようにして飲むのもおすすめ♪

シロップ2:豆乳2:ヨーグルト1

この割合で、氷を入れて飲むのがおすすめです。

こちらも割合を変えて、あなたの好きな味を見つけてみてくださいね!

❝赤しそシロップ❞ を購入する

❝赤しそシロップ❞ をど~うしてもつくる時間がない方へ…。

身体にやさしい材料のみでつくられたシンプルな ❝赤しそシロップ❞ です^^

よかったらご参考にしてくださいね。

まとめ

毎年6月~8月にかけて出回る、和ハーブの【赤しそ】を使ってつくる ❝赤しそシロップ❞ についてご紹介させていただきました。

簡単で、長期保存可能(約6ヶ月)、美容・健康にもとっても良い!ということで、気になった方はぜひ今年はつくってみてください^^

お砂糖の種類や甘さ(量)はお好みです。

長期保存(約6ヶ月)を考えている方は、お砂糖を多め(700g以上)でつくることをおすすめします。

保存用のガラス瓶も、食品用のアルコールで消毒してください。

夏バテ防止に、美肌に、赤しそシロップを自由にアレンジして、夏をたのしんでくださいね♪

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

※おすすめ記事
『あずきは美容・デトックス効果抜群で美肌を守る!簡単煮あずきの作り方ご紹介!』

『サバの水煮缶で人気のトマト煮!アレンジ自在で若返りの美肌レシピ♪』

『炒め玉ねぎを時短で作る白崎裕子さんのレシピが簡単?保存方法も紹介♪』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク